ダイエットにまつわる話

無理なダイエットは老化を招く


ここでダイエットの失敗例を紹介しましょう。

近頃実年齢よりも上に見られるので悩んでいる女性が多くなっているそうです。


もちろん仕事面や性格的にしっかりしているという様な事ならいいのですが、ここで取り上げるのはお肌の質や見た目のことです。

このような女性に共通して便秘、肩こり、イライラといった嫌な症状だけでなく、高血圧、高血糖など、普通は中高年がかかる生活習慣病(成人病)に悩む人が多いそうです。


なぜこのような事が起こってしまうのでしょうか。


その原因は腸年齢にありますです。

腸年齢とは、腸内の善玉菌の量であると考えて頂ければ分かりやすいと思います。実年齢は20代であっても善玉菌の量がかなり少ない為、腸年齢は40代・50代いう人も意外と少なくありません。


その要因は、偏った食事、過度のダイエット、運動不足と言われています。

食事の欧米化が進んだ今日、肉中心の献立や偏食が多く腸内細菌の状態に影響を与えています。


ダイエットに成功してもに成功しても、本当の意味でこういった状況では。

健康的にやせないと、成功ではなくなってしまうのです。


便秘・宿便とダイエットの関係


ビタミンB群は脂肪が燃えるのを促してくれます。よって、ダイエット中には必要があります。


しかし便秘や宿便の状態になると、せっかく食事から摂取したビタミンが体内に吸収される働きが悪くなってしまいます。

偏った食事制限によるダイエットで、便秘になる恐れがあります。


便秘が原因で、肩こり・頭痛・食欲不振・肌荒れといった症状に悩まされることがあります。

便秘や宿便はダイエットの大敵であるのと同時に、体の大敵でもあります。


拒食症とダイエット


ダイエットがきっかけで拒食症にかかってしまうという事があります。たくさん食事しすぐに全てを吐くこと、それが拒食症です。拒食症で痩せた場合、頬はコケ、肉がついていなく骨と皮になってしまうといった様に、見た目にも健康的でなく、体にも負担をかけます。ダイエットで拒食症になってしまった人は、どれほど痩せてしまっても自分では痩せてないとおもって、まだ太っていると思い込んでしまうのです。拒食症は続けると、死を招いてしまうこともあるという、危ない病気なのです。ダイエットというのは正しい知識と正しい方法だとうまくいきますが方法を間違えると不健康になってしまいます。きちんと目標を作り、体の中からも外からも美しくなれるダイエットをしましょう。


ストレスとダイエットの関係


ダイエットを継続させていくにはストレスが大きな障害です。大きな課題です。

大好きなスイーツを長い時間控えたり、お酒も少量で我慢したりと、ひとつでは、それ程気にもならないことですが積み重なるとそこそこのストレスになります。

ダイエットに取り組んで、ある程度の期間が経つといつのまにかいらいらしてストレスを感じる人もいるようです。


このストレスのせいで、尿中、髪の毛から、ビタミン、ミネラルが出ていってしまいます。

そうなってしまうと、せっかく痩せている体もリバウンドを起こしやすくなり、ダイエットを実行する前よりストレスと戦えない体になります。

その上ビタミンやミネラルが少ないので、食事によるお腹がいっぱいになったと言う感じが得られずダイエットを実行する以前よりも大食になる動向がうかがえます。

こんなことになっては。


たまには自分にご褒美をあげてもいいのではないでしょうか。

お腹いっぱい食べたり、運動も休みを入れたりしてもなんてことないですよ。

ダイエットにあせりは禁物。継続していけるよう、ストレス解消方法をあなた自身で見つけてみましょう。継続が、成功への架け橋です。



注目のダイエット商品&健康情報
  • ウォーキングの速度を意識してみよう
    ウォーキングは、歩く速度によって消費するカロリーが大きく違います。健康効果を望む場合には、最大心拍数の60%くらいの脈拍数で歩くのが理想だといわれています。これを速度になおすと、およそ「時速6km」のスピード。人間が普通に歩く速度は時速4km程度といわれますから、かなり早足にしなければなりませんね。この速度で1日30分間歩くようにすると効果が出やすいといわれています。もし時間がない時は、「15分×・・・
  • 朝食は軽めでも、排泄をスムーズにしよう
    朝はカラダの余分なものを排泄する時。消化のために必要な「胃液」の分泌量も少なくなっています。ですから空腹でないなら、無理にたくさんの朝食をとる必要はありません。酵素を豊富に含んでいるフルーツを少し食べ、あわせて水を1杯飲むだけでも腸は活発に動き、排泄をスムーズになります。朝食を軽めにしても、排泄をスムーズにすることを目指しましょう。
  • 冷え性は、みかんの食べ過ぎに注意しよう
    こたつに入って「みかん」を食べる。冬の楽しみの一つですね。みかんには体を冷やす性質があるため、冷え性、腎炎、ぼうこう炎などの方は、食べ過ぎに注意しなければなりません。おいしいみかんですが、自分の体質や状態を考慮したうえで、食べましょうね。