肥満と生活習慣病とダイエット

肥満は病気


ダイエットは何の為にするの?

という問いにほとんどの方は「健康」より「スタイル」に比重を置いている傾向にあります。少し太っている方がもてる時代が大昔にはあったようですが、現代の日本では、男女ともにスリムじゃないと、やっぱり好まれないようです。

それで、健康に悪い過剰なダイエットもするのです。ダイエットは健康的にやらないと、大変恐ろしい結果が待っているかもしれないものなのです。そもそも肥満で問題なのは「見た目」ではなく、健康を維持するということを間違えてはいけません。

無理なダイエットで痩せたとしても、体の中に脂肪がたまっている、かくれ肥満も増加している傾向にあります。肥満をなくすということは、健康を考えることが重要です。


肥満と生活習慣病の関係


成人病と言われる「生活習慣病」には、高血圧や糖尿病、脳卒中、心臓病といったものがあります。これらの「生活習慣病」は、食生活や運動習慣などのような生活習慣に大きく影響をうけます。ですので、肥満と大きな関わりがあります。病気を予防する為にも、カロリーをコントロールし、ダイエットをする必要性があります。ダイエットはスタイルだけのためにするだけというわけではないのです。



注目のダイエット商品&健康情報