効果的にダイエットするには

停滞期を乗り切る方法


あなたも一度は経験したことがありませんか?

ずっと順調に減っていた体重が何をやっても減らなくなる停滞期を。


これは、継続しておこなったダイエットにより体が体脂肪をキープしようとするからです。

停滞期に入ると、決められた食事で身体を維持できるように体が基礎代謝量を食事量にあわせてしまうのです。


ここで一番やってはならないことは、今までよりも激しいダイエットを計画し、結果挫折してしまうことと、苦痛になってダイエットをあきらめてしまうことです。挫折してしまうことです。

そんな時は、前向きな考えを持って、停滞期が来てしまったのはダイエット成功のなのだと。


あなたの実行しているダイエット法により、自分の体は体脂肪を守ろうと意思して停滞期になっているのです。

ダイエットの成功には、避けては通れない道なのです。


停滞期は必ず去っていきます。


ここであきらめ棒に振ってはいけません。

あきらめず継続することが重要なのです。

停滞時期はひたすら耐えて、去っていくのを待つだけです。


ダイエットは長く続けることが重要


続けること、ダイエットの成功の大切なことです。食事の量を一度に減らす、炭水化物を摂らないなどでは体に悪いし、リバウンドもしてしまいます。毎日の食生活を反省して、和食を中心にしたりなどといった生活をすると効果はあるでしょう。生活習慣を改善して、無理する事なく日常生活の一部として取り入れると、リバウンドもせず、健康的に美しく痩せます。


ヨーヨーダイエットの恐怖


ヨーヨーダイエットとは、体重が増えたり減ったりするのが繰り返される事です。低カロリーの食事を続けているのですが、何かで高カロリーのものを食べた途端、我慢しきれなくなりおもいっきり食べてしまい、以前と同じになってしまう。体重の増減を繰り返すと体がそれを覚えてしまい、痩せにくくなってしまうといわれます。例えば前回にダイエットしてやせたときの同カロリー・同時間でも、2回目だと半分ぐらいしか痩せることが出来ません。2回、3回と繰り返すとどんどん痩せにくくなってしまい、4回目は3分の1だけしかつまり、痩せることができなくなってしまいます。 1回目に10kg痩せたのが、4回目では3kgしか痩せないのです。正しい知識と方法でダイエットしましょう。


体重が減ればダイエットといえるのか


運動をしないで、食事を制限をするといったダイエットのしかたで体重を減らしてしまうと、筋肉量が減少するだけで、体脂肪は残ってしまい、基礎代謝は低下してしまいます。体脂肪が減らないと、お腹周りや内臓周り、お腹や内臓周り、お腹周り内臓やお腹の周りといったような本来減少すべき部分の脂肪はなくなりません。ある部分、お腹周りや太ももなど、だけが太いといったバランスの取れていない体型になってしまいます。基礎代謝が低下すると、成人病になりやすくなります。



注目のダイエット商品&健康情報
  • ぬか漬けにして、栄養力をアップしよう
    ぬか漬けは「発酵食品」であるため、乳酸菌が豊富に含まれています。しかも長く漬ければ漬けるほど、その乳酸菌は増加して、ビタミンB1やB2、カルシウムなどがグッと増えます。これはヌカに含まれている成分が野菜に移ることと合わせて、乳酸菌が作りだす成分がさらに加わるためです。暮れからお正月にご馳走を食べすぎたと思ったら、「ぬか漬け」を食卓に並べて、野菜をたくさん摂りましょう。
  • 納豆と食材をいろいろ組み合わせてみよう
    納豆には、メタボ対策に欠かせない成分が豊富に含まれています。その中でも、血栓を溶かして血流をスムーズにする「ナットウキナーゼ」は、まさに食べる薬。そこに「ビタミン類」を補うと、さらに代謝が高まります。特にお勧めなのが「青ネギ」のみじん切りです。美味しさはもちろん、ビタミン類が豊富だからこそ、最高の組み合わせといえます。また、キムチを細かく刻んであえれば、辛味成分である「カプサイシン」が、血行を改善・・・
  • 噛みごたえのある食品で、小顔をつくろう
    ガム、ナッツ、昆布、スルメなど…「噛みごたえ」のある食品を食べることは、顔の「引き締め効果」につながります。「アゴの筋肉」を発達させることで、顔全体の形をシャープにキュッと引き締めるのです。また、噛むことで「満腹中枢」を刺激して、過剰な食欲を抑えてくれます。これらの食品を「空腹時のおやつ」にしたり、食前の20?30分前に食べると、ちょうど食事の頃には空腹感が落ち着き、自然と食事量を落とすことができ・・・