効果的に運動でダイエットするには

スポーツなど体を動かすことして筋肉を増やすことが、健康的なダイエットであることは分かった。

でもだからといって「毎日きまって 運動しなければ」と考えるのも、また持続出来ない十二分のひとつの原因になります。

運動効果が、続くのは3日間くらいです。

その効力が消え去る前に、再び体を動かすに意味があるのです。


そう思ってしまえば、一度に気分が楽になりませんか?

週に3日以上の運動で充分な成果、十分な結果が現れるのです。


また繰り返し申し上げますが、長期間続けることにより、あなたの体は次から次へと脂肪が燃やしやすい体に変わってくるのです。

週3日ほどの体を使うことからしてみましょう!



注目のダイエット商品&健康情報
  • セロトニンで、毎日のストレスに強くなろう
    体内には100種類以上のホルモンがあります。その中の1つである「セロトニン」は、ストレスに強くなり、精神的にも安定して、幸せを感じるホルモンです。過食しやすい傾向の人は、その欲求も抑えられますから、ダイエットを目指すうえでも必要なホルモンと言えます。このセロトニンが体内で不足すると、不安になったり、気分が落ち込んだり…。そんなときは、朝起きたらすぐに日光を浴びたり、乳製品、バナナ、ビタミンCをバラ・・・
  • 小豆のデトックス効果に注目しよう
    小豆は東洋医学的にむくみを解消し、体内の毒素を打ち消す働きがあります。さらには、体内の「膿」を排出させる力があるため、生の小豆を粉末にして、卵白と混ぜ合わせて患部に塗り込む方法も古くから伝えられています。料理するときの中ですが、小豆の赤色素である「アントシアニン」は、鉄と結合すると黒色に変わってしまいます。小豆色を生かした料理をする時には「鉄鍋」で調理しないようにしてくださいね。
  • サトイモの栄養成分と効能に注目しよう
    サトイモは、「カリウム」や「ビタミン類」「食物繊維」が、いも類の中で格段に多い存在。その栄養価の高さから、昔「いも薬」と呼ばれて、民間療法ではとても頼りにされていました。特に便秘には、整腸効果でお通じがツルッと出やすくなります。また、そのぬめり成分には免疫力を高める作用があるため、風邪や感染症を防ぐ手助けもしてくれますよ。