セルライト対策

なぜセルライトが出来るのか


セルライトは太ももやお尻などに多く見られます。

毛細血管必要のない水分や老廃物(毒素)が、血行不良により、正しく処分されないで皮膚と脂肪に挟まれている皮下脂肪細胞に蓄積し、シリコンの様になってしまいます。

セルライトとはこのシリコン状のもののことです。


セルライトが増加すると、やがてと硬くなって、皮膚の表面にも現れ、肉眼でもわかるほどになってしまいます。。

セルライトの硬化は、まわりの細胞のことを押すので、代謝に影響します。

肌のトラブルの原因である、乾燥を招きます。


セルライトができてしまうキッカケは、体を使わない運動不足により血行不良となってしまうので、リンパ液の移動が少なくなり、エネルギーの代謝が落ちてしまう事にあります。

体を動かすのがキライ、血行不良による冷え性、むくみやすい体質、しょっぱいものが好き、締め付ける下着の着用などは、体の中にある必要のない水分や老廃物が溜まりやすくなってしまうのでセルライトがつきやすくなってしまいます。


セルライトを除去する方法


セルライトは太ももやお尻など脂肪が多く、血行不良になりやすい部分がなりやすいです。

食事・スポーツなどで血行を促進し、セルライトをなくししましょう。


食べることで気を付けたい事は、糖分を控える事です。

また、食物繊維をできるだけ取る事や、1日に2L程度水を飲むという事を実行しましょう。

冷たいものは取らないようにして、体を温めてくれるものをとるようにしましょう。

体を動かすことは、毎日するようにしましょう。

太ももを温かくし、ストレッチ・マッサージをする

それから、太ももの内側の筋肉(内転筋など)をトレーニングしてください。


@「気をつけ」の姿勢のまま横になって寝る(骨盤と地面が垂直になる様に)

A上側の足を曲げ、地面についている足の前で交差させ、下側の足を伸ばした状態でゆっくりと上に移動させる。

B反対向きも同じ動作を、1日に左右10回づつ。


太ももの筋肉は筋肉が少ないため、筋肉で太くはなりません。

セルライトを除去するのは、意外と気力のいることですが、めげずにやり抜きましょう。



注目のダイエット商品&健康情報
  • 玉ねぎの成分で、脂肪を燃やそう
    玉ねぎには、辛味成分の「システイン」と、甘み成分の「オリゴ糖」が含まれています。これら2つの成分は、コレステロールを下げる働きがあり、血液の流れをよくしてくれる効果が期待できます。さらに豊富に含まれている「アリシン」も新陳代謝を促して、糖のエネルギー変換をスムーズにするのです。ですから、玉ねぎを毎日の料理に活用すると、脂肪が蓄積しにくい体質を作りあげます。他の野菜と一緒に煮込んだ「玉ねぎスープ」な・・・
  • 青魚を摂取して、健康脳をつくろう
    青魚には「DHA」という成分が豊富に含まれています。この成分は「脳の発育」や「記憶の機能維持」に大きく関わっているため、健康脳を作るうえで役立つとして注目されています。さらには、コレステロールの生成を抑える働きもあるため、動脈硬化やドロドロ血液を防いでくれます。青魚は脳の病気や健康を保つうえで、とても重要な食材なのです。
  • レンコンを食べて、花粉症対策をしよう
    レンコンを切ったまま放置しておくと、切り口が黒ずんでしまいますよね。これはレンコンに含まれる「タンニン」などのポリフェノールの作用によって起こるものです。実はこの成分が、花粉症やアレルギーを抑制するといわれます。レンコンのエキスと乳酸菌を一緒に毎日摂り続けていると、アレルギーを引き起こす血中の抗体の量が減ったという研究報告があるのです。漢方でも、レンコンはせきやタンを抑える作用があるといわれていま・・・