ダイエットと食生活に関する話

食事とダイエットの関係


減食、つまり1日1食にするとか2食にしてもいい結果は現れません。成功しません。うまくいきません。実は私もそうだったんです。カロリーだけみてしまっているのですよね。けれどもダイエットするのに必要なのはカロリーを必要以上に摂らないこと、いろいろな栄養素ごとに考える事なのです。食事制限をするダイエットは、一日あたりの摂取するカロリーや体重を減少させることはできても、筋肉や骨のかさを減らしてしまっているのです。これが不健康なダイエットというものです。1日3食きちんと食べ、規則正しい食事をし、摂らなければならない栄養素はちゃんと摂ること。何度も繰り返しいいますが、筋肉がなくなってしまうとカロリーを燃焼させる場所がなくなってしまい、さらに痩せるのが難しくなってしまうのです。健康的なダイエットをしたいですね。


ダイエットには無理は禁物


間食を、全然しないように禁止することは、ストレスにつながります。


こうゆうストレスは減量こうゆうがおかしくなってしまう可能性があります。

極端に食生活を変える必要はありません。


悩みの種の間食のカロリーは、食事の量を多少少なくする、がんばって体を動かしたり、別なところで費やすことができます。

ダイエットは慌てないで間違えのないように実行しましょう。


苦労を無意味なものにしないためにも!


ダイエットに多量のアルコールは厳禁


アルコールは少しだと、血行促進、疲労回復などと言った良い仕事もしてくれる。

その一方で、アルコールには糖分が含有しているので、カロリーは多めです。


それに、アルコールの取り入れるのが夜遅いと、エネルギーとしてうまく使用されにくくなります。

おまけに夜食なども食べることも多いので、取り込まれるエネルギーの量が多くなりすぎてしまいます。


ビールとダイエットの関係


ビールの栄養素は、少量の糖質とたんぱく質のみです。

アルコールが低く、高カロリーではありません。


ところが、ビールに含まれる成分の一つであるナイアシンが他の栄養素の燃焼を加速させ、ホップが消化液の分泌を促進し摂った食事の消化を助けることが、太る原因となります。

栄養分のないビールだけで太る訳ではなく、一緒に食べる食べ物の消化吸収が良くなり、太ってしまうのです。