食事でダイエットする方法

ローカロリーな食事の為に


素材が同じでも、鶏肉の場合は皮を取り除く、魚介類・肉類は網焼きにしたりすると、油を抑えられます。味付けはマヨネーズなど高脂肪や高カロリーの素材は控えて、ショウガやニンニクのような薬味、コショウや唐辛子とかの香辛料、コショウ・唐辛子といった香辛料、レモンのような酸味を使う。そして、茶碗やおかずの器などは小さいのものを使う。果物は取り過ぎないようにする。この様に食事の作り方や食べ方を工夫し、カロリーをなるべく抑えましょう。


食物繊維を意識して取る


ダイエットで、食事制限をすると、全体の必要な栄養素も摂れなくなるという結果になりやすいものです。その代表的な例が食物繊維です。人はこの食物繊維が足りなくなると、下記のようなリスクがでてきます。腸内細菌のバランスが摂れなくなり悪玉菌が増加する。血中コレステロールの値が高くなる。大腸がんになるリスクが高くなる。糖質の吸収が増え、インシュリンの分泌量が増加する。かなりよくない状況ですよね。ダイエット中でも食物繊維はなるべく摂るようにしてください。生野菜だとどうしても量が多くて少ししか摂れません。野菜はゆでたり炒めたりすると多く食べられるようになりますので、火を通して野菜は食べましょう。


たんぱく質を十分に取る


たんぱく質と聞いてまず頭に思い浮かぶものは「たまご」「肉」「魚」といったものが浮かぶと思います。ダイエットにとって一番摂ってはいけないもの!・・・と思ってしまいますよね。しかし、「たまご」「肉」「魚」などのたんぱく質は摂取しないとかえってやせにくてく太りやすい「リバウンド体質」になってしまいます。これらたんぱく質は筋肉質の材料になるので、不足すると筋肉の量が少なくなって基礎代謝量が低下します。基礎代謝量が低下すると、体の消費カロリーが減少します。また内臓・骨格・血液の材料となる為、不足すると数々の弊害を招いてしまいます。だからといって過度に摂りすぎるのはもちろんダメです。でも、必要な最低限のたんぱく質をとらなかったらもっと危ないのです。



注目のダイエット商品&健康情報