基礎代謝アップでダイエットできる運動

有酸素運動の重要性


食生活だけを改善するだけでは、健康的にやせることは出来ません。日常生活において、手軽な運動を続け、運動をして、運動を続けるようにして、運動をするようにして、運動を続け、運動をしたりして、中性脂肪やコレステロールを減らす努力も必要です。しかし、運動をしなければいけないからと言って、あわててゴルフやテニスなどを本格的にするのではなく、趣味をはじめようという気軽なつもりで軽い素振りなどからはじめるといいと思います。そのような「長時間楽しんでできるもの」といったものでなければ人間長くは続きません。スポーツを無理に始めなくともウォーキングで十分です。かえって脂肪を燃やそうと思うのなら「歩く」ことのほうが効果的なのです。運動では、呼吸を止めて一気にする「無酸素運動」と、息を吸ったり吐いたりして呼吸を整えつつ、ゆっくりと時間をかけて行う「有酸素運動」があります。中性脂肪が効果的に燃えるのは後者の「有酸素運動」の方です。少し前に「楽しんで長時間できるもの」と言ったのもこの理由からです。電車に乗ったりしたときなど最寄り駅より一つ手前の駅で降りて、歩いたりするのも運動になります。

ちなみに、体脂肪が燃焼する仕組み


体は運動、食事制限の為に足りなくなった分を補うため、体脂肪をエネルギー源として使用していくのです。


そして運動などで体温があがり、最初に使われるのは、血液中の脂肪です。


そして血糖値が下がると脂肪細胞からエネルギーを持ち出して、血糖値を安定させるのに必要なホルモンのグルカゴンが分泌されます。


このグルカゴンから指令を受け、脂肪分解酵素であるリパーゼによって体脂肪が脂肪酸とグリセリンに分離され、血液中に溶けることで、筋肉に行くことで運動エネルギーとして使われます。


このようにして体脂肪が利用されていく訳です。


ただし、だいたい20分と言う時間が、リパーゼが活性化するには必要です。

有酸素運動がダイエットに効き始めるのは20分というのはこうした裏づけがあるからです。